カテゴリー

激安店舗 シャトー·ポンテ·カネ 2006 低価,新作登場

品番: KOL159391
在庫:
在庫有り
価格: 8,980円9,698円
Chateau Pontet Canet Pauillac Grand Cru Classe [2006]
前回の2005年はトータル500本以上が完売!!この2006年もモノ凄い評価!!待望の再入荷!前回は300本完売!!今回はわずか50本限りとなります。何卒、お早めにお求めください!! 2012.3.6
色·容量赤 750ml
ブドウ品種カベルネ·ソーヴィニョン73%、メルロー15%、カベルネ·フラン10%、プティ·ヴェルド2%
アルコール
産地フランス、ボルドー地方、オー·メドック地区、ポイヤック村
味わいフルボディ(辛口)
今回ご紹介の[シャトー·ポンテ·カネ]は、[ラトゥール]や[ムートン]、[ラフィット]に代表される、いわゆるグラン·ヴァンがひしめく、ボルドーの『ポイヤック村』の中心から、北西1kmほどの場所にあるシャトーです。シャトーの歴史は、18世紀の初頭、当時のメドック知事で、この地域のブドウ畑の所有者だった「ジャン=フランソワ·ド·ポンテ氏」の後継者が、近辺の『カネ』と呼ばれる土地を購入したことに始まり、シャトーの名称も、ここ『ポンテ家』の『カネ』から生まれました。ワインの品質に関しては創業当時から高い評価を受けていて、およそ100年後の1855年の格付では5級格付けを得、ボルドー全体でもトップシャトーの一つとして考えられていました。その後、ボルドーの有名なワイン商の『クルーズ家』がシャトー購入、新しい醸造所の建設など設備を近代化し、一時は2級シャトー並の価格で取り引きされていた時期もあったのです。ちなみに、クルーズ家はその後の110年もの間、シャトーを代々引き継ぎ、所有者であり続けました。20世紀に入り、1975年、コニャックのワイン商だった「ギ·テスロン氏」がシャトーが購入。現在は、彼の息子「アルフレッド氏」と「ジェラード氏」の二人三脚でシャトーは運営されています。[シャトー·ポンテ·カネ]の特徴は、過去200年の間に経営者が変わったのはわずか三回だけと、比較的、安定した経営がされてきたことにあり、それが時代にとらわれない、力強くタンニンに溢れ長期熟成を要する、古典的なスタイルを生む一因と考えられますそれでも、つい最近イギリスの【デカンター誌】が、最も品質が向上し進化した10シャトーの一つに選出、【レ·メイユール·ヴァン·ド·フランス】最新版でも五大シャトーと同じ三ツ星(★★★)になるなど、今の当主になって、特に1994年以降のシャトーの評価はグングンうなぎ登り。それは、パーカーさんの著書【ボルドー】の中の、次の一節でも明解です。『1990年代半ばからは顕著に向上している。価格の方も最近のヴィンテージの品質を追って上昇傾向にあるが、それでも依然としてコストパフォーマンスがよいワインである。』そうした一連の流れの集大成的なワインが、2005年に続く、今回ご紹介の[シャトー·ポンテ·カネ 2006]。【ワイン·スペクテーター誌】93点、「パーカーさん」も95+のハイスコアと大絶賛。これは、あの[ラトゥール]、[ラフィット]、[マルゴー]、[ペトリュス」などの錚々たる高額ワインをも凌ぐ、驚愕の高評価。もしメドックの格付が見直されることがあれば、スーパーセカンド[ランシュ·バージュ]と共に、間違いなく、この[シャトー·ポンテ·カネ]は、昇級するであろうとも噂されています。今流行りの、醸造コンサルタントなどに頼ることなく、[ムートン]に隣接する抜群のテロワールを、忠実にワインに表現することで成功を収めた[シャトー·ポンテ·カネ]。評論誌による最近の点数が高く見直されたため、アメリカ市場では、今や140ドルの高値となったお宝ワイン[シャトー·ポンテ·カネ 2006]。それが8980円とは絶対に見逃せない、超お買い得価格でのご案内です。この機会に、しっかりとお買い求めください。